2017年04月25日
KM様邸アイアンスリット手摺
KM様邸では塗装もほぼ終わりました。
2017042517080418210.jpg

写真はリビングの壁に
ブリックタイルを
施工しているところです。

白いブリックタイルを使うことで
空間に馴染みながら、
エレガントな雰囲気に仕上がります。



2017042517115718260.jpg
設備器具や照明器具の
取付けも行っています。
写真はタンクレストイレです。

他に洗面ボウルや水栓など
システム(セット品)ではない物も多く、
気を使う部分が多いですが、
打合せをしながら取付けを行って
もらっています。


2017042517152418883.jpg

こちらは2階ホールの
アイアンスリット手摺です。

製作に時間が掛かりましたが、
大工さんがオークの笠木と合わせて
施工を行いました。




スリット手摺にすることで空気の循環がおきやすくなり、
光も通し、視線も抜ける為、広がりも感じます。

そんなKM様邸の工事もあと少しとなり、
今週末には床の養生も外す予定です。

 
2017年04月24日
Ni様邸太陽光発電設置
Ni様邸では外壁の仕上げ塗りが終わりました。
2017042420432117110.jpg
仕上げには先日ご紹介したシラス壁を
塗っています。
塗りつけた後、スチロ鏝で表面を
わざと荒くして仕上げています。







シラス壁の特徴としては汚れに強い、経年劣化しない、耐火性に優れている
凍害や塩害にも強い、土に還る素材ということでかなり良いものです。

実はこのシラス壁、10年以上前に施工させて頂いたオーブルホームとして
1棟目のI様邸で採用して頂きました。
経年変化を見てきて、やはり優れている点がわかり、
雰囲気が合う方やメンテナンス費用を気にされる方には
特にお薦めできると確信を持つことができました。

ただ、価格面で少し高い点と雰囲気が少し和のテイストになる為、
好みが分かれることがあります。
Ni様邸では和と洋との雰囲気を取り入れて
コーディネートしている為、仕上がりがとても楽しみです。

屋根では太陽光発電のパネル施工も終わりました。
2017042420533918875.jpg

この分譲地の条件として
太陽光発電の設置がほぼ義務付け
されていることがありました。

高性能な家とこの太陽光発電の設置で
ほぼゼロエネルギー住宅の基準を
満たしています。



ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)がすごい性能の家のように
宣伝されていますが、そこそこの性能でも太陽光発電パネルを
たくさん載せればZEHにすることは難しくありません。
ただ、Ni様邸のように4kw程度の太陽光発電パネルでZEHに
しようと思うとかなりの性能と、設計の工夫がいります。

ZEHにすることは決して悪いことではなく、
むしろ良いことだとは思いますが、設備機器だけで
解決するやり方にはどうしても賛成できません。
まずは家の性能をしっかりと上げて、その上で設備機器を最小限で
達成できるのが理想だと考えてご提案しています。

そんなNi様邸の外部の作業は雨樋などを施工して、
今週末には足場を外す予定です。

 
2017年04月22日
HN様邸お引渡し
今日はHN様邸でお引渡しをさせて頂きました。
2017042217165845671.jpg

HN様は2年半近く前に
ご相談を頂いてからの
お付き合いになります。

当初は全面的にリノベーションを
行う方向でお話を頂きましたが、
建て替えに決まり、そして
お打合せをする中で2階建てから
3階建てへと計画を見直して
進めさせて頂いたお宅になります。




当初は遠方にお住まいだった為、お打合せもメール等での
やり取りが中心でイメージがわかり難い部分もあったと思います。
帰省されたタイミングでまとめてお打合せを行い、
また完成したお宅や里山住宅博のモデルハウスを見て頂いたことで
イメージも固めることができたと言って頂けて何よりでした。

完成したお家をご覧になって、
『本当に3階建ての提案をして貰って良かった』と喜んで頂けました。
申請は大変になり、時間も掛かりましたが、やはり自分の家だったら
どうするかという視点で悩んだ末のご提案だったので、
そう思って頂けて本当に良かったとつくづく思いました。
また、照明器具やアンティークのステンドグラス、つまみなどを
あらためてご覧頂いて、
『自分達でもいろいろ探したりしたけど、
やっぱり提案して頂いたものを選んで良かったです。』
とおっしゃって頂き、提案者冥利につきるご感想を頂くことができました。
普段から、自信を持っておすすめできるものを
ご提案させて頂いているのですが、やはり人間ですので
施主様のご感想をお聞かせ頂くまではドキドキというか、
どうだったかな?といつも少し緊張します(笑)

そして、今日のお引渡しに合わせて素敵な木の家具が届いているのを
見させて頂き、良い雰囲気で暮らして頂けることを確認出来たのも
嬉しいことでした。これからますますご家族に馴染むお家に
なっていくことを楽しみにしています。

HN様には、職人さん達へのお心遣いだけでなく、
私達にもお心遣いを下さり、本当にありがとうございました。
これから、長いお付き合いになりますが、
どうぞよろしくお願い致します。

 
2017年04月21日
KM様ヨーロッパ漆喰塗り
KM様邸では外部の足場が外れました。
201704212057563802.jpg


下屋の瓦がしっかりと見える外観は
どっしりと安定感のある雰囲気に
仕上がりました。






201704212102444414.jpg


内部ではヨーロッパ漆喰も
塗り終わりました。
熟練の左官屋さんが
いつもながら手際よく
塗っていました。




2017042121041749112.jpg


漆喰が塗り終わると
建具屋さんが造作建具の
取付けを行っています。

こちらは玄関ホールから
リビングに入る入口の
ガラス枠ですが、
デザインガラスを使って、
家の顔らしい仕上がりになります。



この後、さらに塗装を行い、来週には
照明器具や設備器具などの取付けを行っていく予定です。

 
2017年04月19日
HN様邸と北欧アンティーク
先日、完成内覧会をさせて頂いたHN様邸を
少し ご紹介したいと思います。
下の画像は、キッチンから近いところに設けた
パソコンコーナーですが、壁の一面を
グレーでペイントしています。
201704171531183620.jpg
「グレー」と言っても明るい・暗い・色みを帯びたものなど
かなりの色幅がありますが、こちらのお宅では
ほんのわずかに乾いた草の色を思わせる
ニュアンスのあるグレーでペイントしました。
冷たさを感じないあたたかなグレーカラーが
お家の雰囲気にとても良く馴染んでいました♪

たくさんのお宅でカラーペイントの壁を
採用される事が多くなってきましたが、
部屋の方位や日の入り方などによっても
色合いが変わって見えるので、
実際に塗られた部屋をイメージするのは
なかなか難しいものかもしれません。

そこで、当社では引っ越し後に入れられる
インテリアファブリックのイメージや
お好みのカラーテイストと系統を聞かせて頂き、
こちらである程度選択してご提案後、お選びいただくようにしています。

また下の画像はアンティークのステンドグラスですが、
アンティークは一期一会なので、出会った時に買っておき
いつか施主様のお宅で採用して頂く日まで大切にストックしています。

2_2.jpg




こちらはシンプルですが、ありそうでなかなか見つからないデザインと
オークの木枠も状態の良いイギリスアンティークのステンドでした。
吹き抜けに面した2階の居室の壁にお付けしたので、
夜になると吹き抜けの光がふわっと広がり
模様が天井に浮かび上がって・・・
これがまた素敵でした♡

こちらは北欧のヴィンテージ照明↓
1_5.jpg

アイアンの装飾とチーク材、イエローガラスを使った
デザインが特徴のペンダントライトです。
こちらも二度と出会えないかもしれないヴィンテージだと思い
購入後は、HN様にご紹介するまで大切に温めていました(笑)
明かりを灯すと凹凸のあるガラスが
照らされた壁に放射線状の影を作ります。
これひとつで、一気にノスタルジックな雰囲気が
アップする照明です ^^

アンティーク&ヴィンテージなどは
今までのお宅でも、これから着工予定のお宅でも
そのものの味わいや特徴をご理解頂き、
良いと思って下さる方にご紹介させて頂いております。
こうして、時代を超えて愛され続けてきたものを
新しいお宅で受け継がれていくことは、
とても素敵なことだと思っています。 sio.y

 
874件中(1件〜5件を表示しています)   前   |